在留資格の取消事由 || ビザ申請Q&A

ビザ・バンク

ビザ申請(認定、変更、更新、経営管理、技術人文知識国際業務、技能、文化活動、家族滞在、定住、配偶者、永住ビザなど入国管理局への手続一切)、在留特別許可、帰化申請、会社設立手続、契約書類等各種の法律文書も作成している外国人向け(中国人・韓国人・台湾人など)の行政書士事務所です。

中国語 中国語
韓国語 韓国語

ビザ・バンクは外国人向けの行政書士事務所です。経験豊富な行政書士が貴方の問題を全力で解決いたします

ビザ・バンク -TOP>相談方法とご依頼までの流れ>相談からビザ許可取得まで>その他手続のQ&A>不法滞在と手続Q4. 

 
その他手続のQ&A(不法滞在と手続)  
 Q4.不法滞在と手続
 在留資格の取消事由
 私は米国出身の夫を持つ日本人女性で、夫は永住ビザを所持しています。現在家族全員で日本に暮らしているのですが、先日夫に海外転勤の辞令がありました。折角手に入れた永住ビザですが、取消されることもあると聞きました。ビザが取消されるのは、どのような場合ですか。
 在留資格が取消される場合は、入管法22条の4第1項に規定されており、法務大臣は、同項の各号に掲げるいずれかの事実が判明したときは、外国人が現に有する在留資格を取消すことができるとされています。入管法22条の4第1項には1号から10号まで取消事由が掲げられています。

  在留資格取消事由
1号 偽りその他不正の手段により、上陸拒否事由該当性に関する入国審査官の判断を誤らせて上陸許可の証印等を受けた場合
2号 1号のほか、偽りその他不正の手段により、上陸許可の証印等を受けた場合。
(例)日本で行おうとする活動を偽る場合
単純労働しようとする者が、技術・人文知識・国際業務ビザの在留資格に該当する活動を行う旨申告した
(例)日本で行おうとする活動以外の事実を偽る場合
申請人が自らの経歴を偽って申告した
3号 1号と2号のほか、虚偽の書類を提出して上陸許可の証印等を受けた場合
※本号では「偽りその他不正の手段」は要件でなく、申請人の故意は必要とされていない。
4号 偽りその他不正の手段により、在留特別許可を受けた場合
5号 活動資格(別表第1の在留資格)をもって在留する者が、当該在留資格にあたる活動を行っておらず、かつ他の活動を行い又は行おうとしている場合(ただし、正当な理由がある場合を除く)
6号 活動資格(別表第1の在留資格)をもって在留する者が、当該在留資格にあたる活動を継続して3月(高度専門職ビザ2号は6月)以上行なっていない場合(ただし、正当な理由がある場合を除く)
7号 「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」の在留資格をもつ配偶者が、配偶者としての活動を継続して6月以上行っていない場合(ただし、正当な理由がある場合を除く)
8号 上陸許可・在留資格変更許可等により、新たに中長期在留者となった者が、許可を受けてから90日以内に、出入国在留管理庁長官に住居地の届出をしない場合(ただし、正当な理由がある場合を除く)
9号 中長期在留者が、出入国在留管理庁長官に届け出た住居地から退去して、90日以内に、出入国在留管理庁長官に新しい住居地の届出をしない場合(ただし、正当な理由がある場合を除く)
10号 中長期在留者が、出入国在留管理庁長官に、虚偽の住居地を届け出た場合

上記3号から10号までによって、在留資格を取り消される場合は、30日を超えない範囲内で、出国のための必要な期間が指定され、その期間内に自主的に出国することになります(入管法22条の4第7項)。ただし、5号で、当該外国人が逃亡すると疑うに足りる相当の理由がある場合は、直ちに退去強制の対象となります(同但書・入管法24条2号の3)。

上記1号から2号までによって、在留資格を取り消される場合は、直ちに退去強制の対象となります(入管法24条2号の2)。

就労ビザ

高度専門職ビザ
経営・管理ビザ
技術・人文知識・国際業務ビザ
技能ビザ

身分・家族関係等ビザ
文化活動ビザ
家族滞在ビザ
配偶者ビザ
定住ビザ
永住ビザ
申請手続
在留資格認定証明書交付申請
在留資格変更許可申請
在留期間更新許可申請
就労資格証明書交付申請
資格外活動許可申請
再入国許可申請
帰化申請(日本国籍取得)
帰化申請
会社設立/各種許認可手続
会社設立/各許認可
契約書類作成
契約書類作成
お問い合わせ窓口
電話窓口/問い合わせ
事務所のご案内
所在地/アクセス方法/代表者
相談方法とご依頼までの流れ
相談からビザ許可取得まで
利用料金
利用料金
秘書日記
秘書日記
はじめてのお客様へ
シャトー・カンパニー株式会社 | 佐藤行政書士事務所

JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン/東京臨海高速鉄道りんかい線/東急池上線/都営浅草線
大崎駅西口より徒歩3分、大崎広小路駅より徒歩4分、五反田駅より徒歩6分
東京都品川区大崎5丁目9-3 ラフィネ大崎102 TEL: 03-5719-6188 FAX: 03-5719-6189
ビザ・バンク|モバイル